メンズ

賃貸マンションを活用しよう|一人暮らしに最適な物件の登場

学生の住むところ探し

メンズ

大学や短期大学、専門学校への進学に伴って一人暮らしを始める学生は賃貸を早めに探しておくことが大切です。2月から3月にかけては良い賃貸がほとんど埋まっている可能性もあるので、早めに移り住む地域に足を運んで現地を調べておきましょう。学生向けの賃貸を借りる場合は敷金と礼金、更新料などをしっかりと確認しておくことが大切です。敷金と礼金というのは家賃以外で大家さんに支払う初期費用の様なものです。賃貸から退去する際に設備破損などが無ければ敷金は戻ってきます。礼金は大家さんへのお礼を表わすものなので、退去時には返ってきません。相場としては敷金が約家賃の2ヶ月分、礼金が約家賃の1ヶ月分となっています。
この2つは賃貸を借りる際にまとめて払うことが多いので余裕を持って準備しておきましょう。その他に発生する費用としては更新料というものがありこれは、2年に1度支払うお金となっています。こちらの金額についても家賃1ヶ月分ほどと考えて良いでしょう。お金周り以外に確認するポイントとしては構造や築年数なども挙げられます。築年数が古い場合は設備をそのままにしている可能性があるので、風呂場やトイレ、キッチンなどがきちんとリフォームされているか確認が必要です。鉄筋鉄骨コンクリート造であれば強度も強く音や振動が伝わりにくいのでおすすめの賃貸だといえます。上記のようなポイントを押さえて学生向けの賃貸を探せば、充実した学生生活を送ることができるのです。